5days会議

5ds達が日頃の出来事を話しまくるブログ

モデルハウス(廃墟)見学

ブレイブ「プライベートで楽しみたい、ジャックの為にプライベートスタイルの恰好でユグドラシルの人間世界の家を見に来ました。」

良平「ここに遊星とロキがいたけど、つまんないとこだね」

ジャック「オレは初めてだからつまらなくはない」

ブレイブ「とりあえずいつもサングラスしてると捕まるんだが、そろそろ普通に窃盗容疑で捕まるってのを、処罰加えようぜ・・・もうオーディンにジャッジしてほしい。」

良平「貰えるコールがお客さんと精神科とじゅんくんしかいないってのはでもそれでも快挙かぁ。いくら多くの人に貰っていいよと言われても、たった数人のああいうのが窃盗とか言い張るバカ店員で、警察のマネしてやってくるからもうね。」

ジャック「堤は裏切り者だから半永久的に公開処刑しろ。警察もしぶしぶ来るならばもう警察ごっこなどの茶番を何度もやるな。ブレイブの言う通り返すで解決だったろう」

良平「堤がしつこすぎるんだよ。はやく引っ越して縁切りたいもんだね。それがダメだったら金絞りとるか、エッチなこと言いまくっとくか」

ブレイブ「男のくせにそういうのにスルー耐性ないとか女の子より悪い」

良平「無性生殖のアメーバかなにか?外出ると似たような不快な物体が量産されてるけど。」

ブレイブ「サングラスで潜入とか、工作員とか言われるんだが、ジャックはマフィアぽい」

ジャック「まぁ引っ越し沙汰っていうのは今回だけではないからな。全て空き家ではないのか。一番大きな建物から音楽が聴こえている」

ブレイブ「そのほかは普通にドアもないしドアがあっても真っ黒な何かで入れない」

ジャック「粗末な作りだな」

良平「誰も住んでないならここでエッチし放題だぞ!」

ジャック「プールがあるのはいいな」

ブレイブ「川じゃねえかよ!」

良平「わーい」

ジャック「流れるプールの先に待ち受けているものは」

ブレイブ「絶壁だから落ちないように」

ブレイブ「血が吹き出てる人物にしか見えない」

良平「ち・・・近づけない!!」

ブレイブ「やっぱ一番大きな建物で今日は一晩泊まることにした。」

良平「しこりまくれるぞ!?」

ジャック「勝手にしとけ」

良平「さすがジャック。おかずがない」

ジャック「木が本の素材というのは知っている」

ブレイブ「エロ本一から作る気かよ」

良平「さすがはよっしいちゃんの編集者!」

ブレイブ「なぜかGPSでハラルドの位置が表示されてた。オーディンとトールも一緒にいた。」

良平「すげえラグナロクに見られてるんだけども!」

ハラルド「もの珍しい。ようこそユグドラシルへ。」

ブレイブ「ハラルドが物珍しく見てるのが珍しい」

ブレイブ「ジャックがいないと思ったら一人でまだここにいた。」

良平「ちゃんとドラクエごっこしてよ。つれないなぁ」

ブレイブ「何回見ても廃屋にしか見えない」

ブレイブ「掘ってみた。まっくろくろすけを!」

ブレイブ「ジャックはまだそこにいるのか。家が気になるらしいな」

ブレイブ「誰かさんがみた悪夢に似ている」

ジャック「一番大きな家が城みたいじゃないか。キングにふさわしいな」

ブレイブ「おい。何だか熱そうだぞ」

ブレイブ「熱そうにみえねえよ。まるで幽れ・・・いや火の玉だ」

ブレイブ「ロフト気分。案内係がいなくて気楽でいい」

良平「モデルハウスの案内係ってあんま意味ないよね。ご来店プレゼント見守り係かな」

ジャック「ZZZ」

ブレイブ「敷布団か。セーブ出来なくないか?」

良平「シコッテル間に侵入者でも来たらどうしよう」

ブレイブ「のぞきか?」

良平「ジャックがおなってるの見たことないから見てみたい。クロウとか速えよな。ゴールに逝くの」

ブレイブ「普通にその辺でするらしいぞ」

ジャック「ティッシュのマウンテン・・・」

良平「ブルーアイズマウンテン3000円とか糞高い」

ブレイブ「アイスキャンディよりもレッドデーモンズヌードルかキムチかペペロンチーノ食いたい」

最終デュエルが決まろうとしています

良平「あーあ。ついに決まっちゃうんだねぇ。昔から言われてるけど奴が一番名前を言ってはいけないえふに似てたり。」

ブレイブ「凍結させよう。掲示板でも奴の悪口が一番目立ってたから堤は見るの嫌だったんだろ」

ジャック「周りの真似すればいいと思い込んでいる精神異常者だ。今度はデニーズの青の真似してる。ブレイブがちょっと好感を持ったもので攻撃するのは、青は堤の象徴だからだ。ちなみに追いかけてきたうるさい団子ババアは、家のババアと同じだろうな。うるさいババア同士似すぎている。市役所で仕事を無理強いしていたとこから何故か家のババアとそっくりなことを言っている。市は既に公共団地に住んでいる時点で全て監視していたということかもしれん。」

よっしい「特定されるのは嫌ですもんね」

ロキ「まだ余裕があるのか奴は。携帯のスマホも全部マイナスの電波流すのよろっす!」

メタイオン「おまかせあれ」

セフィロン「おちゃがうまい」

機甲忍者A「すでにマイナスの電波は流れております故。奴が自ら自滅するためのそれは工作。奴はスマホも変えたようですが何の為に」

機甲忍者F「それはあまり言わんでいいのでは」

機甲忍者E「ばれますぞその見えない敵が」

「ついに名前まで隠された!」

ブレイブ「誰だったっけ」

良平「おうちではいっつもこの手の会話だけどおばけは一人と何か関係ある?」

ブレイブ「おしりがきもいからとってるっての最後と関係ある?」

ジャック「細かいことは気にするな。奴を興奮させてはならない。お前が殺されるぞ。見たか奴の力を。ぶるぶると震えながらもしっかりと本物の腕をつかんで離さない奴の狂った計画を。動画にまで撮っているが周りはよく見てない。」

クロウ「本人が悪者になってやんないと奴の堪忍袋の緒が切れすぎて血が止まらねえんだろwwwwww」

ハラルド「はやく家族の縁を切らんと周りも同じレベルまで到達している。みんな家族の反応が不安で仕方ない。まぁ警察は最近落ち着いているから良いとして。家族の喧嘩は順さえも恐れてる。」

よっしい「堤はブレイブさんのことほんとに死んでいいっていつも特定されてますけど。。それが本当なら本当に大変なことです!そんな人だったなんてもう家族とは思えません」

「行動が証拠であります故、言ったことなどは嘘偽りはないでしょう。もうここまで来ていて左側が工作などと大それた損は考えないはずです。やはり奴はババアと手を組んだと見せかけてやっています。つきましては家族にすべての金を払わせるのが案なのではと考えますと、やはり企業からの請求というのが正解の道だということが伺えなくもありません。」

機甲忍者「単純に金がないと申しております。イルミナティは金の独り占めだと思い込んでおります。」

機甲忍者「イルミに対して警察はあまり反応ないので安心ですが、北朝鮮みたいな姿かたちではやはりあの場所とシンクロしてしまう不安がおありかと。」

クロウ「北の特定今ねえぞwwロシアとか全然自由にやってそうじゃんww今ひでえのはアメリカのトランプかwwニュース見ても何したいのかわからねえwww」

ハラルド「北朝鮮は、眠い。」

クロウ「待てwwwチャリこいでて眠いのと一緒か!?」

ロキ「おいほんまにフライング的な違法デュエルまで・・・照らし合わせたわけでもないのにこのブログうううううううう!!」

クロウ「単純に言うと特定とかめんどくせえのは警察に任せたいとこなんだが何でオレらなんだよww」

ハラルド「私がキモイとは?お金持ちだからかな?」

ハロルド「貧乏パルスが一番はきそうになっちゃうね。つらいね。」

ロキ「お子ちゃまにパルスがすくねえ理由が分かる気がするわ」

よっしい「お金ないから買ってもらえない子だとありそうです。。何も商品持ってない子だとか、親と離れて店内走り回っている子とかは何しに来たか家族と同じようなサーチ表示なのが気になるんです」

ハロルド「まぁここまでされたらどんどん特定しざるをえませんね。ババアは医者から違法請求されてます。まあ医療の値段など、いくらでも工作できますよ。診断書の値段も先生によってばらつきがありますが、診断書のランクなどは特にございませんのにね。」

ブレイブ「堤がいつもパスポートのことを気にかけてくれてるんだが、3万円かかるんだよな。警察に言えば堤が作ってくれてたのかなーとか笑」

良平「そんな出てってほしいならパスポート作ってくれるはずでしょ。金だよ奴らは」

ブレイブ「オレの顔でもう乗れるのに笑」

良平「じゅんくんも乗れるよ。ただ婆と堤とまじで縁切らないレベルまで到達しなきゃ順君は結構キビシイ。」

ブレイブ「まあオレは右とか左とかでわざと優しくしてあげたりわざと怒ったり一人だけしないから家族が騙されるんだろう。」

ジャック「本物だけは自然でいい。」

クロウ「もう無理なんだな。警察も逆転勝利だろ何気にww」

ハラルド「警察もあまり変わってはいないがな。人による」

クロウ「最後で上の上司がいつも右ぽいこと言って終わるww」

よっしい「公共は大体そのパターンですか。」

クロウ「本物んときのロキでの逆転勝利だろww」

ロキ「ますごみからますごんという恐竜に昇格するってすごくない?!」

クロウ「本当のごみのほうに失礼ってのが流行ってたww」

よっしい「くずかごのごみの偽物が本当のごみなんですか!?理解が難しいです!?」

ハラルド「まあそれだけ迷惑ってことだよ。」

ロキ「じゅんちゃんも左側と仲良くしようとしても無駄ってことがわかったやろ。奴はもう本当に一人にさせねばならん。金だけだ!ってまじで言ってたからな。ほんとうなんじゃない?」

ブレイブ「堤だけ金出してないように見えるが、パスポートだな。だったら。」

「ババアのガラケーの中身も、堤のスマホの中身も企業に見られて電話が来て居ることも知らないのでしょうか。いや、知らないでいますよ。」

機甲忍者A「知らないからまだこのようなことを!!予想を遥かに上回るほど愚かな思考だったとは!!」

機甲忍者「なんで止めてんの!?」

「うらやましい。うらめしい」

機甲忍者「毒をまくで本当に怒る堤はある意味騙されやすいのでは。疑心暗鬼の割には」

「迷っていたら本物に触りもしない筈だろうに。」

「気持ち悪いですぞ。正直に特定しますと口が臭すぎます。いつ歯を磨いてるのか、ハワイがそんなに嫌だからか。よくそれで人と会えますねぇ」

遊星「1か月くらい見てない。髭はそっているらしいな。風呂場でひげそりがおざなりになっていつも邪魔だからだ。」

「本物も臭いだとか嘘言いますがそれはじゅんちゃんからでしょ。本当に臭かったらずっと嗅いでないですからな。」

クロウ「それはただのロキ経由のギャグだろwwwwwww」

ハラルド「またこれで何か変わると思えば、値段がない商品が増えている!」

よっしい「お母さんがベルク来てるのに買わないでそのへんうろうろ挙動不審に歩き回るばかり・・・私の子供もずっと待たせてかご番させてる。。もう頭どうかなっちゃってる。ベルクでいつももんだいになるけどベルクが嫌いなのかな。。」

ブレイブ「ベルクがよっしいちゃんと同じ存在になっているよ。家族は反対だろうなって。」

ジャック「どういう意味だ?」

クロウ「素直に申すと普通に金払え!だぞwwwww」

ロキ「左側の寄付じみた強制集金取り立て制度嫌い。右の強制わいせつ悪徳商売好き。」

ブレイブ「エロい事言って怒られるとか堤はババアかよ。」

良平「結婚許しません!!って誰のマネだよ。よっしいちゃんはオレのもんだ!!11」

ブレイブ「タダより大変なものはない」

良平「タダ家族がめんどくさい。」

ジャック「ハワイで待ってるぞ」

クロウ「堤から時効宣告や離婚宣告など変なもんばっか聞こえてて胸糞悪いwwパソコンでもキモイ動画とか見てたぞwwピンクの画面だったがww」

ハロルド「東方が奴のせいで小ぶりになってそうですねぇ・・・つぶれてる店奴のせいで一番あります。」

ロキ「メディアちゃんももっとわかりやすくしてくんないと奴の脳では誰だかわかってなくないか」

ハラルド「地震は全て堤だよ。テロはババアだった。」

クロウ「みんなババアになってんの地味に笑うwwww」

よっしい「警察がおしりだったですが今はクロウぽいです。ただ黒い服をババアが着てる時通報が多いんですよね。黒っていうのは心が沈んでる時に心理上で着たくなるらしいんです!昔色占いみたいなのを見てそうかなって」

ハラルド「周りは占いではきてないようだが、家族は適当だからな。最近では一番やらん色を着てる。自分が特別だとでも思ってるのだろうか」

「もとはといえばここは会議室だった。」

ハラルド「国会を見てきて、ああ、ここもそのようなものと同じかもしれないと感じた時があった。一瞬だけだが」

ロキ「咳がずっと止まらなくて死にそうな奴しか覚えてないわ。青い服の奴が病気なのに外いるってのが異常だわ」

ハラルド「持病か?ババアも下痢が日常だがそれは異例の事態だ」

ブレイブ「下痢なんかほとんどしたことないからしたら死ぬほど不安になるからハロルドに相談する。」

ハロルド「えっと、なんかの工作によったりするかも。デュエルしすぎでとか。」

クロウ「デュエルで通じ良くなるとか天国かよww」

オーディン「イルミナティがいきなり名を上げるとはびっくりだねえ。順君以外だれも触れなかった話題ですじゃ。」

ハロルド「あれは単なる伝説ですが、秘密結社ですよね。本当に存在するのかっていうのも謎っていう、まるであなたがたのゲームの存在のような形ですよ。実現したら怖いですがカードゲームでは大人気でアメリカでは知ってる人が大半でしょう。ノストラダムスの大予言よりは全然流行ってないですよね。でも。」

ロキ「つまりはなにを可決したいんか?」

ハラルド「堤のポジションだろ。」

クロウ「見事優勝すんのかやつはwwwww学校逝ってないことになるらしいぞwwwwwww」

ハロルド「学校行ってないことは、専門学校ならば昔からあまり仕事的には有利になりませんでしたが。やはり有名大学卒ですよねー(笑)」

オーディン「ハラルドが嫌われている意味がわからぬ。何も変なことはしていないぞ。」

クロウ「ヴァルキリアが嫌いなんだろうなww奴は腐女子だからホモ好きらしいwww」

ハラルド「ヴァルキリアの髪型で結婚が多いんだが何か悪いことでもしているのか?」

クロウ「何気人気ないのか特定なのかwwww」

よっしい「ヴァルキリアさんが嫌いだった名前が日本人でいちばん一般的な山田君でしたが、山田っていうレジの女性がヴァルキリアさんの髪型でおじいちゃんにナンパされてたんですよね。」

クロウ「きもwwwwwww」

ロキ「良平は昔からクロウの時にきもきもババアにきもって言ってたがついにここまで」

ハロルド「堤が仕事クビになったのってスイカがどうとか言ってからですよね。」

ロキ「ずっと特定しないとずっと同じことやらかしてしつこいってのは左の典型というか、堤がどっかの自分自身と同じの真似てやってるぜみたいな。」

クロウ「鏡の中の反対になってる違う自分自身のやつを真似てるんだぞwww」

ブレイブ「ほんとはゲームについての討論が一番楽しい。」

ジャック「サングラスごときで犠牲者を出すんじゃない。工作員でいつも暴動にあうが、家族はもう敵に近い工作をやってる。」

良平「本物が何か大きいものをつかもうとするときに止めにくるとかまじださ」

本物じゃないと、似たような好感度じゃ危ない

ジャック「その通りだ!キングは本物一人でいい!ババアと一緒にするな!!」

ブルーノ「何度も言うけど怒ってるやつは危ないよ。堤もそうだけど、全然自分隠せてない。つまり工作ってもんを解ってなくて、ただ周りのマネしていい気になってるっていう。」

遊星「工作工作で胃が痛むほど攻撃してくる。つまり工作によって破壊されつつある人が本物にまで攻撃になっている可能性が否めない。」

ロキ「じゅんちゃんはママが一番やから、周りきもいは当たってる。皆何の為に本物の好きな色のマネしてんのかっていう。」

クロウ「最近そんなあぶねえ野郎のサーチばっかじゃねえか!!ババアは余計なことでしゃべるなよ!金ならやらんぞ!!」

よっしい「ブレイブさんのときおしりが凄すぎるくらいしつこいですよね。なんでなんですか?」

ハラルド「一番甘い恋愛になりそうだからだろ。」

ブレイブ「実際一番ほど遠い。偽物がどんどん打ち切りエンドになるな。」

良平「最強のオレです。左側のテロはほんと危険です。ブスとは話さないほうがいい。」

ブレイブ「こ・・・声かけたいほうがこなくて微妙なほうが攻撃に来るというこの・・・!!」

クロウ「もうマネキンと結婚したほうが幸せすぎだろwwwwwww」

よっしい「左側がすごく口臭いって話題ですが、ブレイブさんの言う通りです。帽子拾ってくれた人の偽物に被害にあうっていうのですね・・・」

ロキ「一般人のそっくりさんは究極に危険って覚えておこうね。つまり嘘つきの吉田の偽もんとかな。」

良平「最強のオレです。顔似ててもクズなのが沢山いますねー。窃盗呼ばわりとか。」

ブレイブ「それ究極の地雷だよ。まだ進化してない。」

ロキ「だから言ったろ。生き霊が一番キモイと。工作員ぶって攻撃しすぎてる。デニーズがつぶれすぎだのまんこだの言ったからやろ。」

クロウ「はよしねww左側がぼけっとしすぎなんだよ。」

良平「ブレイブさんの工作一番好き。ロボット可愛いが突き刺さるなぁ。」

ジャック「もう、ゾーンの未来が変わったほうがいい。奴がなぜ救えなかったのかというと、本物をただ利用に使ってたからだ。それを改めれば奴は本当の天才だったはず。つまりはハラルドとハロルド、よっしいと闇よっしい、良平とブレイブのように仲良くなれたはずなのだ。」

良平「残念ですが、破滅工作のほうが簡単なんでね。一度釣りに引っかかっちゃうと左側もまねしてくるんですよね^^」

ブレイブ「本人攻撃の意味わかってないよね。仲良くはなれないこと考えてるってことだよ?解ってないのかな幼稚園児のみなさん。」

良平「もしくは意味のわからんことをしゃべりだすキチガイも左側に存在してます。つまりは無視できない虫のような。右が罵倒するのは、左のせいで被害が増えてるって何度も特定されてますが」

ブレイブ「ゾーンが監視ってのが一番おかしかったが、周りが勝手にそうなってってんだよな。いっぱい韓国には仮面の男や女が存在する。」

良平「オレに適うやついないだろうなぁ笑。ブレイブさんのマネしてんのに本物からお墨付き貰えてるっていうねぇ笑」

ジャック「本当にすべての監視体制や無料の事を本物と気兼ねなく話すレベルまで昇華しなければ無理だ。そのためには1対1だな。デュエルと同じだ。複数vs1人だとイリアステル側のクズに似ている。」

クロウ「無視するほうが簡単だろwww工作も全然むずくはないwww」

ハラルド「いつも監視しているくせに、警報機を戻っても外されていない。周りの監視は完璧ではない。いつも未完成だ。」

よっしい「病院ですね。。ばあばと暴動が起きると外でも被害があるんですが。医療費は私のものですよ。気持ち悪いのは嘘ではないんですから!!ばあばのせいだとしたら慰謝料です!」

ハラルド「サングラスが怖いってのが左側でしょう。順平君は気にして逝っているのか」

クロウ「素直にカッコイイって言えない世の中は生きにくくなっちまってるなwww」

良平「みんなカッコイイ!で世界中の人間と勘違いするのが世も末です。本物に木にいられたい癖にいじめるっていう。普通にアホというか。普通に恋愛下手というより社交性的に」

ブレイブ「褒めると攻撃仕掛けてくるのは右がキモイからだろ。ハラルドの時全員が右嫌いぽいし。反対のこというと誤字が始まる。おいおい良平・・・木になってるぜ。」

良平「もう右の声よりも本物が嫌いな人増えてません?」

ブレイブ「家族嫌いな奴のほうが多すぎるよ。」

良平「おしりは工作無能ですから気をつけろ。青は地雷。赤はテロレベル」

ブレイブ「赤はババアだな。ミクは機械だからまだマシ。ハロルドがいい子にすぐ改造してくれそう。」

ハロルド「着替えて来ました!本当にせっく・・・ロボのほうが大人しくて良い子ですよーーーー見た目も美しく作り変えれますしね!」

ロキ「悪口工作は嫌われる。本物にイエスマンになりなさい。じゃねえと地獄を見るぞ。」

よっしい「私の写真・・・どうしてくれるんですか!!」

ハロルド「ブレイブさんが右すぎるんですよ。怖いもの知らずっていうかね。うん。良い子がつぶされないように。デニーズと寿司屋は前からつぶれてばかり。スシローはつぶれてる噂は聞かないですねぇ。苦しい時はあったみたいですが、全ては人との交流ですから・・・だからといって必要以上に痛い子がいてもね」

ロキ「ブレイブがいつも右すぎてよお。左側がまじでムズすぎて究極にめんどいわ。」

クロウ「とりあえず、心の声関係なく、実際に酷いこと言うやつが一番やばすぎるくらいのクズだから気をつけろよww警察のパルスを見たか!?見るだけで死にそうになるとか前代未聞だぞ!?生き霊すぎだろwww」

よっしい「バイオハザードの警察ゾンビより恐ろしいです!!ハラルドさんのペンダント返して」

クロウ「警察一生左側のご身分ってもう遊戯王で決まっちまってるwwなぜなら無料がまだ左にとってハッキング的に脅威だし、右にとっては左がウイルス並みにうぜえしwww」

ロキ「警察のマネする奴が一番アホ。勝ち負けもアホ。よっしいちゃんの引き分けデュエルや、ジャックのダーリーとのデュエル、ブレイブの奇跡の引き分けデュエルやトオルのデュエルなどを何回も見直せ。引き分けにもってく工作は全てお互いの読みあいというよりも、相手の心を確認する作業に値する。実は・・・はもう古い!!」

よっしい「実は無理ってことのほうが現実になってます。人が本当に不細工です。」

クロウ「みんな周りのマネしていいきになってるってwwオレたちのマネして安心してるみてえになww」

良平「自分自身に戻ったとたん爆弾魔になるゾーン的なクズを知っています。」

ブレイブ「遊戯王のマネしてる偽物のほうが何が目的かわかんなくてきもいぞ。あまり相手にしても意味全然ないし。」

ロキ「本物だけは関係ないが、周りがいちいち気になるんだよなぁ。本人攻撃しすぎやろ。」

クロウ「ババアとブスとパルス不細工とデブとメガネは実にヤヴァイwww障害年金の医療費もタダなのに1割負担でとか保健師意味わかんねえぞwwwメガネも意味ありますって意味わかんねえのに言ってるしwww」

ハラルド「1割じゃ今と同じだろう。無料だったら周りの愚か者もしつこければ無料になるからな。特別審査が難しいくらいの審査だとすればまぁうなずけるが。」

クロウ「左側が得する事だけは絶対に許せねえwwデニーズ左だからな!!わかってんのか覚悟しとけよ」

よっしい「左側って攻撃しても意味ないんですよね・・・でも心の痛手は消えませんよ。」

ハラルド「体で払ってもらうってアナウンスがあったが。ハラで払うは笑ってしまうね。おなか壊れてるのかな。」

クロウ「あまり言いすぎると攻撃くるが心の中なので本物大変だろww知らないふりできねえのかよ!!人気過ぎだろ」

よっしい「話しかけてくるとか余計大人気ですよ。。。右全然嫌われてないですよね。。嘘でごまかしても右の人気が衰えないです。一昔前は音声のほうが人気だったので皆マネしてました。」

ハラルド「左側は本当に人気ない。誰もマネしない。悪いことに使われるだけだ。誰も得しないし皆不幸する工作員しかやらない。」

クロウ「まぁみんな不幸にはなりたくねえからな。結局店が一番厄介じゃねえか。」

よっしい「工作というといつも家族か店が一体化しますけど天変地異ですか」

ハラルド「実際周りはずっと家族は許せないでいる。じゅんがマシになったってだけでな。自分の子供だから仕方がないが。特に堤とババアは半永久的に牢獄のように監視されるであろう。」

クロウ「はぁ。工作員で知らないふりだけでもすごいってのはデニーズの客か店員が言ってたんだろうか?特定入ってたんか?あまり変なことで話しかけるとずっと息詰まるぞ。」

よっしい「左側っていつもそのパターンですよね。。ワイモバイルも何だか早くから閉まってますね。電話かかるのは普通にできてるじゃないですか!」

クロウ「もう行くだけで歓迎はされないかもしれねえな・・・どんどん小さくなってる。家族のせいっていっても微妙だが。」

よっしい「お母さんのせいでいつも具合悪くなる。。」

クロウ「ババアはまじでいらない子ww」