5days会議

5ds達が日頃の出来事を話しまくるブログ

あの時の迷宮兄弟とゲートを振り返って

ブレイブ「最近、ゲートについて問題があるので、今回はあの頃のゲートを再現すべく」

迷宮兄弟「今度は本物の実体化したゲートだと」


小人「先に言うんじゃないぞ!!」

クロウ「フレンドリーファイアやめろwwというか頂戴クエスト再現の時オレが何気いねえから今回はオレはMCだなwww」

ブレイブ「というか、画像出る前にネタバレすんなよ笑」

迷宮兄弟「誰の事を言っている!?」

ロキ「ハゲのことやぞ?」

小人「暴言はやめなされこのぼけかす!!」

ブレイブ「迷宮兄弟は石で仲間になる」

クロウ「ラビリンスウォールが岩の迷路だからかwww」

ロキ「そんな細かい設定意味あんのかいな?クリエィティブでババッと○○○」

クロウ「ロマン無くなるだろwww」

ブレイブ「いちお迷宮兄弟の存在は、大きな意味があったよ」

クロウ「いちお遊戯王のキャラだからなwww」

ブレイブ「いきなり入り口にお宝があったが、中身は紹介文の本だった笑」

クロウ「とりあえず、ロキは誰と闘ってるんだwww」

ブレイブ「暫く相談した後に…」

ブレイブ「ゲートへ。ちゃちゃっと終わらせちまおうっと。右がやっぱり溶岩で地獄のようだな。左は普通の水。銅像の頭から右は溶岩、左は普通の水が湧き出てきてる」

ロキ「悪魔のような地獄の考えが右とかカオスソルジャー。左は水道水みたいに普通にシャワーや手ぇあらえるもんに使えそうやな。」

クロウ「おおwww無限にわき出る水とか水代に困らなくていいな!?」

ロキ「なんの液体かわからんぞ」

クロウ「おいwww水じゃないともうすか!!!?」

迷宮兄弟「迷の扉と宮の扉があるが、どっちへ入るか!?」

ハラルド「入るのは…真ん中だ!」

ブレイブ「よし、右へ入るぜ!!」

ロキ「落ちたら大ダメージ必須やぞ」

ブレイブ「それよりクリーパーが左下にいきなり沸いたのが気になる」

クロウ「いきなりテロする気かよ!?www」

クロウ「前に橋が見えまーすww橋の下普通の草だがwww」

ブレイブ「落ちたら6.5ハートを頂戴されたぜ!?」

ロキ「せやから大ダメージやと…クリエィティブモードなぜ使わんの」

クロウ「クリエィティブモードなロキばっかり狙われてるぜwww」


ブレイブ「ゲートは近いのに敵が多すぎてなかなかたどり着けねーし!?なんか刺さった気がする」

ブレイブ「やっと右のドアにたどり着くことが出来た」

迷宮兄弟「これは左の扉ではないのか!?」

ロキ「んなこといいからはよゲートガーディアンの助っ人出せや」


ブレイブ「左の扉には羊が沸いてる。ちょっと安心した」

ロキ「スケルトン野郎がゲート守ってんぞ?意味あるのかてめ。誤作動でピーピー文句言うなよボケカス」

ブレイブ「これじゃなかなか頂戴出来ねーし…それよりいっつもロキが闘ってる声ばっか聞こえるんだが、また闘ってるな…クリーパーが沸かなければいいが…何気やつらいっつも見てるからな。たまに罠を潜り抜けるビギナーズラック効果も発動するし」

クロウ「なんかゲートの周りがめちゃくちゃ硬そうだぞ!?というかクリエイティブなのにモンスター同士闘ってるのバグか!?」

ブレイブ「ロキがおかしいな…てかしょうがねーから、クリエイティブで道具出すか」

ロキ「何で我ばっかり狙ってくるんや?素手でも壊せるやんけ。左の扉見ると何でみんなアホぽいこと言いだすか?」

クロウ「わざとだがわざとじゃないんだぞ!?wwww」

ブレイブ「会話と設定が意味わかんないんだが」

ブレイブ「やっぱり左のゲートは後にして右向け右…」

クロウ「そこは壊しとけよwww」

ロキ「振り返れば奴がいる。ゴヨウガーディアン!!」

クロウ「そうかセキュリティのことかwww」

ロキ「左は誰であろうと爆発してくるからな。何気複数で来とるぞ」

クロウ「何で怒ってるかわからねえwwwてか現実的に見るとタダのクリーパーだぞww」

迷宮兄弟・兄「そういえば弟者の姿が見えんが、先に右に入って見えなくなったか!?」

ブレイブ「そういえば、弟のほうは左のゲートに行く直前で死んでたぜ」

ロキ「タイミングよく笑ってやってるぞよ。なぜなら冒険の初期から所見殺しされて死んだからなHAHAHAHA死ぬの早ッ!!」

迷宮兄弟・兄「ぬわあああああああああああああ!!!」

ロキ「この後弟ほったらかしで参りますので探しませんぞ?つかリスポーンしてたらフレンドリーファイアするぞ」

クロウ「誰かのと似てるからその恨みで探さないとかあるあるwww」

ブレイブ「写真の行方までばらばらで意味が疲れた」

ロキ「写真バラバラにすんな」

クロウ「左の扉だけでブログ書く時間食いすぎwww」

ブレイブ「わざとじゃなくまじで食った」

ロキ「ダメージ受け取るわボケ!!左の扉なんて大嫌いや!!!!」

ブレイブ「そうに見えなかった!」

クロウ「ロキの空気表示とか全部見えねえから溺れてんのかダメージ受けてねえのかわかんねえぞwww」

ブレイブ「砕けろ!!(ひもを使って)」

ブレイブ「なんと隠し通路のようなもんを発見!!お宝が存在するかも」

ブレイブ「謎の転落事故。下に何かまた謎のようなステージがあるが、その前に死んでしまった!!の無限ループエラーで初期位置に戻れず強制終了」

ロキ「なんやその完璧な糞ルートは!!??」

クロウ「結局左の扉は困ったことしかねえじゃんwww垢があああああああああ」

ロキ「おい、作者の初期位置左のはテキトーとか!?てか晒すなボケナス」

ブレイブ「いや、実は5回くらい無限ループして初期位置に戻ってきました」

ロキ「嘘なのほんとなの?」

ブレイブ「見えてる人には真実がわかるよ?」

クロウ「ある意味その現象は強制終了だから嘘ではないぞww」

ブレイブ「戻ってきたらいつの間にか穴空いてるだと!?いつ爆発したんだろう」

ブレイブ「ちょっと!写真のどれが右のゲートか左のか不安になった!!」

ロキ「弓矢と腐った肉29個の草と凡骨7個と灰2個を窃盗したな右のゲートが開くぞおめでとう!!」

迷宮兄弟「それは普通の展開ではないか!!?」

クロウ「モンスター倒して拾っただけだぞwww変な考え方すんなwwww」

迷宮兄弟「現実的に考えて、マイクラのモンスターを殺し、その持ち物を窃盗とすると思えば窃盗にも見えなくはないが」

ロキ「特定の時はスケ一匹殺しただけでも人死ぬゆってたから間違いではないぬ!」

クロウ「気にするな!!!!!」

ブレイブ「あの、右の写真が紛失したようなので最後に飛びます。真ん中です。」

ロキ「はや!!!!!右の扉はや!!!周りに木がうじゃうじゃあって自然ぽい雰囲気やったが説明で事足りるとかスムーズに入れられるな!!」

ブレイブ「右から真ん中に逝く途中に死んでしまった人がまた…いないから戻ってみたら初期位置に戻ったとたん姿現して死んでた」

ロキ「もうぐちゃぐちゃな超展開やな」

ブレイブ「何やら変な気を遣いすぎた。結局迷宮兄弟は真ん中の扉まで一緒に行けなかった。普通に扉を壊したら、真ん中の扉の先で月が待ってた。それを2人でロキと見た…何だか淋しいような、感動のような、変な気分だな…」

ロキ「ほんまにあの時と似とったな。はらはらどきどきの窃盗する前のようなしないような」

ブレイブ「窃盗じゃないってのに!!」

ロキ「スケルトン野郎の白いもんがいっつも扉前で待っとるっちゅうのは工作でも何でもなく自然沸きなのが何ともシンクロしまくってて骨を砕きまくってクズにして作物として役立てたいもんやわ」

ブレイブ「何で、持ち物が何もないかも忘れた笑」

ブレイブ「って真ん中の扉の向こうにまでスケルトン沸くな!!」

ロキ「まだ最終デュエルは終わらんっつうわけや!!ファ!!」

present for youの声が!?

ブレイブ「おとといくらい、うるさかったよな」

ロキ「堤が迷ぽストーリーのサービスタイムの事でも考えてたんやろ。世界放送やからみんな思い出せ」

ブルーノ「寝る前に淋しくなるんだろうね。朝の4時ごろだから寝てる人も多かったでしょ」

クロウ「公式からプレゼントってことかよwwこっちにくれるんじゃねえのかよwww」

ブレイブ「自分のこと考えて喜んでたってか?」

ブレイブ「じゅんが、おたまじゃくしとえびとかいの次は、めだかと金魚をもらったらしい」

ロキ「ブレイブンが調べた水草らしからぬ水草のようなもんが入ってるが本物か!?」

クロウ「死ななきゃ大丈夫なんだろwwww」

ブレイブ「わざわざと、ありがとな。てか自分で育てろよ!?いっつもじゅんの尻拭いはオレだからな…」

ロキ「奴は水を変えられねえぞ!?ありがとうございました!!」

ブレイブ「こっちからすると、present for youってこのことかな。よっしいちゃん誕生日おめでとう!これがプレゼント。てかよっしいちゃんの誕生日にいっつも警察沙汰なんてな、まじ死ねよ」

ロキ「すでに極刑やぞ。今頃自分自身でバルス唱えて震えて寝とるぞ!というか、下の箱じゃなくて今まであったケーキ撮るんかいな」

よっしい「このケーキは昔からあったんですが、誰かで花びらが散ってしまい、ブレイブさんが下の箱の中身から少し貰って、足りない分を改良?してくれたんです!」

ハラルド「誕生日プレゼントで肝心の下にある箱の中身は撮らないのかね?」

ブレイブ「ほんとはそのケーキのお花を綺麗なのに変える為に買ったんだけど」

よっしい「どっちも凄く可愛いです!!少しだけ箱から頂戴したように見えませんよ!」

ロキ「その箱の中身のほうが覗きしたいわ!!!!」

クロウ「エロいぞ!!!!!!」

ロキ「そうだろう!!!!!!」

ブレイブ「待てそんなこと話したらまた刺激を与えることに!!!」

ジャック「中身は同じだ!!!!!!」

クロウ「ジャックスケリントンのことか!?www」

ブレイブ「そういえば、今日片付けるときにマイクラのスケの頭に何回も物投げた拍子にぶつかってたな」

ロキ「投げんなボケ」

オーディン「鼻紙をぶつけたんじゃな?」

ブレイブ「たぶん違う」

クロウ「極刑だったらけいさつてちょーなんて捨てちまえwwwwwww」

ブレイブ「ん?」

ロキ「そこで堤が極度に反応する意味が分からん」

オーディン「ブレイブのほうがこれ見て喜んでるねぇ?」

ロキ「ケーキとスイカ大好きらしいからな。自分の為に買ったんか?」

よっしい「とてもうれしいですよ!ありがとうございます!」

ブルーノ「僕のプレゼントはけーさつに奪われたままなんですが…」

ロキ「偽モンのは返ってこないぞ。なぜなら奴らはケチやからな」

ハラルド「警察は嘘つき」

クロウ「だからけーさつてちょーとか捨てちまえwwwwww」

ブルーノ「サイバードラゴンみたいだね」

ブレイブ「いっつもこの時間くらいに映画みんなで見始めるけど、かがくしゃっていっつも悪者だな笑」

クロウ「おいwwwwどっちも似てねえか1?」

ブレイブ「そういえば、上を見ると井戸から落ちたみたいに見えるんだけど」

ロキ「チョコどろどろの甘いチョコが溜まってる井戸んなかでの上映とか堤になんていえばいい!?」

クロウ「奴は隠れストーカーだぞありがとさーんwwwwww」

ブレイブ「こないだは、3回ぐらい見た」

ロキ「ほとんどほかの事ヤッてて見てへんやろが」

クロウ「途中絶対便所逝くの知ってんだぞwww」

ブレイブ「下ネタな言い方してんじゃねーよ」

オーディン「これは、ロキの最初の頃のストーリの様だね」

ハラルド「普通の村人に雷が落ちると魔法使いになります。見た目が違うだけで人はやはり態度を変えるものですね。」

ブレイブ「今日観たナイトメアビフォアクリスマスも、そんな時があったよな。」

ジャック「これは、パンプキンキング!!」

クロウ「中身はジャックだぞwwwwww」

ロキ「カーリーちゃん出て来とるぞ良かったな」

クロウ「サリーだろwwwwww」

ブルーノ「左の人?」

ロキ「天然効果発動か?それともブラフか?」

ブレイブ「わざとだろ!?」

クロウ「ここでもジャックはモテモテだぞちくしょうwww」

ロキ「ババアらに囲まれてうれしそうやな」

クロウ「困ってるようにしか見えないぞwww」

ブルーノ「…天然かな?」

ブレイブ「ハロウィンの王様が、クリスマスの王様になったが、やっぱ見かけだけ変えても中身はハロウィンの王様ごとく怖かったので皆に嫌われた。」

クロウ「警察来てるぞwwwwwwww」

ブレイブ「だからこれ初期のロキ?」

ロキ「よし。ちっとムカついたからトオルをクズにしてやんよ」

ブルーノ「すでに海に沈んでいるような水草が顔に」


↓前回紹介したトオル

ハラルド「頭が似てるね」

ブレイブ「なんだかうらやましい笑」

オーディン「チューリップを切ってつけてあげましょうか?」

ロキ「そのトオルの末路がこれやぞ」

ブレイブ「クリアしてる場所違う笑」

クロウ「細かいこと気にスンナwww」

ブレイブ「映画館の話に戻るけど、皆見てないときが多い笑」

ロキ「映画館でゾンビゲームやってるやつが何言うとるん」

よっしい「プレゼントありがとうございます!」

ブレイブ「どういたしまして!」

ロキ「無限ループ嫌い」

クロウ「無限ループは嫌いじゃないけど好きじゃないよwwww」

ブレイブ「いい方向の無限ループならやって来てどうぞ笑」

小指痛い

オーディン「いつも呪いの指輪と、ビーンズを配ってくれる小人じゃ。このほかにも色んな色がおる。」

ハラルド「ソリッドビジョンからしますと、虹色です」

ブレイブ「届いた包装紙で、プレゼント箱を折って小人を住まわしてみた笑カードケースもおまけで」

オーディン「小人がプレゼントに!?」

ロキ「あまりにもしつこいパートナーには呪いの指輪をプレゼントしてくれるというあの!!」

ブレイブ「最近小指が痛くて…左の薬指もたまに痛くなるのが気になる…」

ロキ「小人の仕業やぞ」

ブルーノ「ある人物がホモ反応したので調べてみました」

ブレイブ「後ろからブルーノが抱き着いてくるだと!?」

ブレイブ「どこ見てんだよ」

ロキ「珍コやな」

ブルーノ「…見たい」

ブレイブ「嘘だろ!?」

ロキ「よし、ヤれ。罰ゲーム開始や」

クロウ「これをマンガで描けとかwwww死ぬだろマイクラで勘弁されたかww」

ロキ「よし、マンガでもいいぞ!じゃんけんで負けたやつが晒す手伝いしやがれや」

ブレイブ「ノン家はやだ!!」

ロキ「するとクロウがいい言うぞ」

ブルーノ「ごくり。」

オーディン「ホモは好きだが女のホモが好きで腐女子ではなくゾンビであり逆位置をわざと工作しているようでサーチにでる限りではノン家でもなく間抜けであり女の子であるがそうではなく立つところは立つようで役立たずに何かを隠しているかのように左右に目が動いては心は夜の就寝時に赴くように揺れ動く」

ロキ「エロ本見て勃たなくなってからホモ言え糞が」

ブルーノ「こんなとこでやるとか」

ロキ「トイレでやれ糞が。」

ブレイブ「テーブルの向こうは普通に見えるのにこっち側はおかしい」

ブルーノ「風呂でも入りましょう」

ロキ「この瞬間ユーチューブのはじめ野郎がホモサピエンスだの4000獣だのしんいちミニだの言いだしたぞキモイわ!!」

ブレイブ「誰がキモイか言えよ!!」

クロウ「寄生獣だの妖1000獣だのいい加減にwww」

ブレイブ「猫が吐血ってなんだよ!天界ナイトってなんだよ!!」

ロキ「妖しげな」

ブレイブ「自分のシャツにまたオレの頭の真ん中のもようが」

ハラルド「最近特定の解明をしてからその頭が多いな」

ブルーノ「三つ編み引っ張ってふざけあった二人、今はもう戻れないけど
あんなに騒いでどさくさに紛れて抱き着いたシャツのにおいー覚えてる♪」

ロキ「それ何回も歌うとか誰いじっとんのや?」

ブルーノ「分厚いレンズの眼鏡ギザギザ麦わら帽子靴の砂振って君が片手でかじったライパン♪」

クロウ「運命の罰ゲームww」

ジャック「運命は変えられる!!」

オーディン「始まりはいつもじゅんくんからのユーチューブじゃなぁ。この歌を何回も聞いていると、その頭の模様が浮き出る現象とは一体?」

ハラルド「シンクロです。」