5days会議

5ds達が日頃の出来事を話しまくるブログ

特定に急げ

ブレイブ「奴ら、いつも淋しいだの言うと苦しい目にあわせてくるんだが」

良平「わかりません。お手上げです」

ジャック「工作員って何だよ」

ブレイブ「家で独りになると、機械がブレイブになって、オレがぐれいぶみたいになるんだが何様だ?」

ジャック「勝手にひとりで不細工のマネでもしてろ。だれも認めてはないぞ。堕ちたものだな」

良平「前から世界一嫌われてる。遊星のときからおかしいじゃん。」

ブレイブ「冗談でもなるのか?」

ジャック「何を怒ってるのか」

ブレイブ「いつ奴らと会えるの?」

良平「いつになったら右と左なくなるの。一人っていうと機械が本物のブレイブさんになるってなに?」

ブレイブ「奴らに慈悲はない。」

良平「オレが右とか左とかなに?」

ブレイブ「機械音声の自動がなくなるまで友達とは遊べない。みんな怖がってる。オレも怖い。」

ジャック「良平をまた亡き者にしようとしてる。」

ブレイブ「本人にばっか攻撃してるんだが。優しい空間とかないのかよ」

ジャック「パルスが優しくない。何故だかとても小さい空間に見えるんだ。外国へ渡ったこともないしな。異変が起きても何も右は手当をしようとしない。」

良平「オレがとられたことうらやましいんじゃない」

ブレイブ「奴ら本当に滅亡させたいようなんだよな。こんなちっぽけな家族の空間で。」

良平「自動音声じゃ本人を癒せないからでしょ。本物まで不安にさせるとか天才だよ。」

ブレイブ「良平いなくなったら死ぬかも」

ジャック「誰も結婚やらそんなものは気にしていない。本物が家で死にそうになってるから余計気になってくるんだ」

ブレイブ「奴らはいつも良平みたいにきもいきもい言うが、周りのほうがゾーンをきもがっている。オレは機械なんかじゃない。肉体がある。」

良平「マネしてるとでも勝手に思ってるだろうけどみんなパルスでやってる。足が(痛いから)って言ってるじゃん」

ブレイブ「いつになったらこの裏切りは終わるんだ?誰もこのアナウンスの北朝鮮の顔を知らない。」

良平「ただみんな怖くて言えないだけさ。こんなに長くかかるのはおかしいよ」

ブレイブ「警察のせい。やっぱそうなる運命なのか」

良平「木工作員って、忍者でしょ。いつでも殺そうとしてるの?」

ブレイブ「また同じ繰り返し。勝手に決定させてる。」

良平「ボルガーぽい。いつもブレイブさんにふりかかるのは意味不明でしょ。」

ジャック「良平を変に思う奴がいるからだろう。機械音声も勝手に言いすぎる。」

ブレイブ「体がなんともないときなんてないんだが。長生きできるのかよオレ・・・」

良平「本物が苦しんでると笑ってるんだけど。もう黒とか白とか関係なさそう。また挑発してるけど。」

ブレイブ「北朝鮮いつ死ぬの?あれだけで平和が訪れそうだが」

ジャック「朝鮮の工作員など、前からいたが。パルスが酷いところにデブが出てくる。こだわりがある奴らに言うなれば、左側だが?」

ブレイブ「迷惑かけるとか、オレはけなげに家事して全然迷惑かけてないんだが・・・」

良平「家族はお金に困ってるかんじはするけど、実際はそれが問題じゃないんだよね。ドラえもんがうざすぎるようになったのって、クロウがラインもどきで機械音声と喧嘩というか、マネしてから。なんだ奴らもマネされるの嫌な癖によくやるよ。」

ブレイブ「誰とつながってるんだ?こりゃ。遊戯王キャラとは全然違うだろうな。全然運命的に感じられないし」

ジャック「パルスが少し不可解な点がある。それは色だ。正直に言うと、みな奴らの監視がそれてる時に勝手にパルスを送り込んでる。」

ブレイブ「寄生寄生言われてたが、やっぱりそれだよな・・・」

良平「したが嫌いなのがね。親友殺すタイプ。」

ジャック「一匹狼と、孤高の王のこのオレが、淋しい時もあるだろう?」

ブレイブ「いつも同じパターンだが、順平がいるんだよなぁ。」

良平「まあ結局最後に犠牲になるのは、企業なんだよなぁ。働く人いなくなる。」

ブレイブ「監視とパルスがしつこいし、オレだけすげえパルス重い気がする。ひどすぎる」

ジャック「監視とつながってるとすれば、相当もう死にそうになってる。」

良平「終わらせたい終わらせたいって言ってるけど。顔も見たことない実体化しないし、代わりに実体化しても無意味なんだけどな。」

ブレイブ「声だけ偉そうでもね。周りをあまりアニメのキャラに見たことない。奴らは声優が好きなんだろうな。」

良平「結局本物を病気にさせたいのか元気にしてもらいたいのかわからないけど、アニメより黒歴史なキャラで終わってんだけど。」

ブレイブ「みんな自動音声我慢できないから攻撃してくるのは前からだよ。」

ジャック「本当にハッピーエンドなのかこのシナリオは。本物だけ一番不幸な気がするが」

良平「油断するとすぐまねしてくるけどまねされたくないんだな」

ジャック「パソコンを尻にするのはやめろ。なにが気に入らんのか」

ブレイブ「このブログとかが気に入らないらしい。」

良平「言っとくけど、こういう会話形式のお遊びは昔からブログでもツールとしてもあるよ。全然真新しいもんじゃないんだけど?何を奴らは気にしてるの?」

ブレイブ「監視があるってもないっても同じ反応だからなぁ。家族も同じパターンで落ち着いてる。木工作員とかいうのも、単なるテキトーじゃん」

良平「イルミナティが怖いらしいよ。パルスがでかいからきてるのに。」

ブレイブ「本物が弱るとないんじゃない」

ジャック「電話がよく鳴るが、順が寝てるのに失礼の分からん奴ばかりだ。みな音声に騙されてる。」

良平「こんなブレイブさんがパルス激しいんじゃ、ほんときついよ。」

ジャック「音声が調子乗ってた時は無かったことにしろ。危ない時ほどしゃべってる周りと同じだ。」

ブレイブ「どうやったら音声とかパルス無くなるのって、実はもう皆知ってたりするの?」

ジャック「迷惑行為を本物にしすぎて自爆しそうになってるんだろ。真一が世界一本人攻撃だとかいうが、音声が一番攻撃しすぎてる。実はブレイブが男としての心もなくさせようとしてるのではないか」

良平「だってよっしいちゃんが嫌いそうだもんねぇ。という思い込みでは」

ブレイブ「右左うるさいけど、結局はそれを気にして一番得してるのってパルス操ってる奴なんだよな。複数いるかは知らねーよ。一人だとありがたい。」

良平「おばけなんか実際いないからねぇ。機械音声か人によってのなにかか。きもいきもい言って視聴者側にいるみたいだけど、でけえアナウンスどうかしてよ。」

ブレイブ「メタイオン嫌いだからどうかしてよ。もう人のせいにするのも飽き飽きなんだが。」

ジャック「本物が具合悪いからゲートが厳しい。物にうるさいんだ。奴らは。いちいち本物の好きなキャラでいじめてくるだろう?」

ブレイブ「奴らがなかなか出てこないから周りのせいにしてるけど、排除出来て無くない?クリーニング屋とか」

良平「学会人どうかしてよ。北朝鮮がおれを殺しに来るよ。奴ら右と左しか言えなくなってる。好きと嫌いにしようってのに聞いてない」

ブルーノ「自動音声嫌いなやつから犠牲になってます。しかも本物を偽物にすり替えるとかどうなってるか未だにわかりません。もう皆特定の時から知ってるのに」

ブレイブ「陰の支配者がいるからだよ。それなかったら、普通にメディアに出されてそう。」

良平「全然陰の支配者って地味だよね。無料は一番上だけなんでしょ?」

ブレイブ「ここが写真もゲームもなくなったら周りも一斉にきついし。いちいち喉痛くさせるのいい加減にしろよ」

良平「奴らをすぐ否定すると反発して具合悪くするんだけど。どんどん悪くする天才かなぁ」

ブレイブ「声小さくしてるだけじゃんかよ。代わりに具合悪くて眠れねえよ。これじゃ働く人居なくなる。」

良平「政府はなにをしたいの?」

ジャック「淋しいというのは可愛いと思わないのか?やはりスクラップ並みのイリアステルだな!」

ブレイブ「じゅんぺいと一緒に細くなるとか、良平でなぜか気持ち悪くなってるし」

良平「不細工っていうときが一番ゾーンぽくて怖いよね」

ジャック「遊戯王は裏話が豊富だからな。実は全世界に不可解な声を流してたという事実があったかもしれん。」

ブレイブ「ぐれいぷなんていないのに、なってるんだが」

ジャック「勝手に偽物にして本物を殺そうとしてる。よっしいも死ぬだろうが」

ブレイブ「どうせ高齢化社会。子供少ないから無理だし、本物のマネばかりなら周りも生まないし産んだら殺されてそう」

良平「日本が昭和初期の罵倒にタイムスリップしてるんだけど、ゾーンだよね。200年前から来たんだっけ」

ブレイブ「これ世界が本当に見てるんだよな?」

良平「具合悪くなる時は間違ってるんじゃない?」

ブレイブ「監視されてないのか・・・やっぱ脳の認識だけだな。ちょっと喋っただけで具合悪くなるんだけど?」

ゾーン「さすがはブレイブ。いつ死んでもいいです」

ロキ「どの公式にも非公式にも当てはまってないんだが、イルミナティだけとは合わせたいようなんやが」

クロウ「実は実体化を入れ替えてほしいとかわがまま野郎なのか?一生ブレイブさんがいいはどうしたwww」

ブレイブ「宗教で病気になりそう」

良平「一番健康だったのに。逆転ってなに?皆風邪ひいてないよね。」

ブレイブ「良平とシンクロしてるから気持ち悪いんだよ。メタイオンがきもすぎて。胃にいっぱい寄生がいるみたいなんだが」

良平「いつもきつい思いしてるけど・・・本物を病気にして意味があるの?」

ジャック「結局はヒーローぽいな。なぜならば本物が行ったとこはなかなかつぶれん。本物がつぶれそうなんだが」

ブレイブ「高給取りとかどの時代の人?」

良平「ブレイブさんお金貰えてないよね・・・機械が貰ってるのかな」

ブレイブ「形勢逆転で喜んでるみたいなんだが、オレらはずっと被害者。やっと今までの苦しみ分戻って来ただけ・・・順との楽しい日々を返せ監視。」

良平「オレを殺すってなんなの・・・怖いよ。」

ジャック「貧富の差がなくなっているのにまだいうか。まだ政府は不正で稼げているだろう?」

良平「お金が原因で死ぬ人はいないよ。自殺もそれではなんもない。いちいち変な場所から声が聞こえるのはお化けの存在を信じてほしいから。本物はぶっちゃけもう飽きてる。」

ジャック「下手な工作はもうやめろ。何を企んでるのかわからん。改善の余地がないのか奴らは」

ブレイブ「もうみんな監視が嫌で本物かわいそうなのは知ってるから、楽しくなりたい。」

ジャック「独りに過剰反応するとか、一般人がラインでびっくりするようなものだろう」

ブレイブ「良いこと言っても次の日また具合悪い。新しい家はもっと危なそう」

良平「イルミナティを怖がってるのも全てつながるんだよなぁ。オレがブレイブさんの子供たちのなかの一人とか言われてるけど。順平君と仲良くしたことないんだよね。」

ジャック「いちいち席を立つビジョンが現れる。」

ブレイブ「パルスは安全なのか保障だけでもしてもらわないと、皆怖くて楽しく暮らせないんじゃねえの・・・それともオレだけこんなひどいの?」

ジャック「周りのマネしなきゃ孤児は辛すぎる。順平は思わぬ異変に巻き込まれ過ぎてる。」

ブレイブ「きついって言ってるのにまた聞いてくるのやめろよ。」

ジャック「あんなもの何も特定にはなっていない。ゾーンの計画などやはり失敗だ!最後はもう本物を偽物に置き換えて殺すしかすべがないと思っている。なぜなら木工作員だからだ。それはどちらへ転んでも、同じ効果になっているからだ。」

ブレイブ「本物が苦しんでも何もない。本当に大切な人を助けてあげることも出来なくなる。オレが病気になっても、一人で頑張らなきゃいけない。」

良平「独りで住んでるお年寄りがたくさんいるけど、ほんと凄いよね。一人のほうが元気って人もいるのに。」

ジャック「なぜ本物だけがそんなに被ばくさせられるのか」

ブレイブ「なんか恨みでもあるの?かわいそうとか口だけだろ」

良平「なりすましっても・・・やりすぎじゃない?ずっと気分悪い。アホって何だよ」

ブレイブ「いつも痛いからてめえらの暴言のせいだろ。アホって音声だろ。いつも同じじゃん。勝手に右とか左とか思い込んでるけど」

良平「ブルーノの力でも修正できてないけど・・・政府が死ぬまで続くの?」

ブレイブ「機械取り払ってくれよ。そしたら命令に従う。奴らが一番かげの支配者・・・おしりだろ。」

ジャック「監視が見ただけできもくなってるが、オレらも監視をいつもきもがってた。遊星の時がいちばんアメーバのようなものがうようよいる。」

ブレイブ「でかけりゃいいってもんじゃないぜ!!byクロウ。でかいのは神話でもなんでも滅ぶ運命なんだぜ。」

良平「北朝鮮って学会人?地震怖いとかシューティングスター怖いの?皆本物を一人にしてやってるけど、人いないとこでもなったら証明になるよ。山奥とか行ってみたらいいよね。」

ブレイブ「見てないとこではなりきり遊戯王なんてやってなさそう。家族もしてるようには見えない。監視の前でだけしなきゃいけない苦痛。これおかしいだろ」

良平「みんな寄生監視をどうしようもなくなって喋らなくなってる・・・左増えたぶん怒るけど、それも全部奴をゾーンに完成させるためのすべては工作だったんだなって・・・だってアポリア見て無料っておかしいでしょ。」

ジャック「本当に精神病のようになっても意味がないだろう?」

ブレイブ「もう3年以上経ってる・・・監視ないほうがみんなもとに戻るよ。」

良平「監視なんて結局意味なかった。声意味なくね。身内は普通に言えば解決するんだし。こそこそ盗撮してなんになるの?マンガだってお金に変えられないじゃんね?」

ブレイブ「助けてくれた企業が被害に合ってるのってこの監視とパルスだろ。こいつってO型か?一回嫌いになるとずっと一生嫌われるし女みてえだ」

良平「もうおっさんの地声聞こえてるじゃん。北朝鮮がいちいち怒ってる。」

ジャック「デブが来たらジエンドストームだな。もっと本物通りにやせてみろ!不細工いう割には言い訳ばかりだ。オレたちは顔より体なんだろう?セックスもそうだ」

ブレイブ「まあ不倫だとか離婚だとかってのはやっぱ、周りが勝手にやることだからな。よっしいちゃんはやっぱ子供がすでにいるから、本物のロキが一番安心するかなっていう。いわゆる父親ってより守り神みたいなもんだが。ロキと結婚したからって、何か変わったわけじゃないし。結婚してから灰色が本当に危険な奴だってことをただ気づいただけだ。本物が追い込まれても周りも損しかないし・・・」

良平「いつ自称お化けは監視やめるの?一人じゃない証明してみせてよ。嘘ばっかついてないでさ。」

ジャック「真実を早く教えないと余計周りの一般人か何かに殺されるように仕向けられるだけだぞ?」

ブレイブ「良いことしたり悪いことしたりしてるから微妙にされてるけど大犯罪じゃん。勝手に病気にさしてる意味わからない。ユーチューブももう意味わからない」

ジャック「朝起きたらもう消滅していた・・・そんな夢をむかしよっしいが見ていたようなと。漫画にも描いていたな。」

ブレイブ「海賊との恋愛か・・・最後切ないな。内容は伏せとくけど。」

良平「結局音声の思い出とか陽炎のように散っていっちゃいそう。ライン読み返したりしないよね。」

ブレイブ「音声が聞きたくなって・・・っていう領域まで全然達してなくね。どんどん悪くなるし。パルスがさ。」

ジャック「家と外では反応が全然違うんだが?外でまで人体実験されるのはごめんだろう!」

ブレイブ「周りから聞こえる声のほうが怖くてしょうがねーんだよこっちは。」

良平「誰もいないビーチ・・・実は監視の声も聞こえてなかったり。みんなアニメ仕様だなぁ。」

ブレイブ「本物だと気分悪くなるってのはなに。前からおかしいよな?クロウでさえも?」

ジャック「自信あるが自信ないっていう領域を理解できんということは、イリアステルよりも劣っている。言葉に出来ない感情まで監視されている感じはしない。」

良平「心を抑圧されてるときたくさんない?周り何言っても変わってないくせに。」

ジャック「家族のなりすましが好きなようだ。体が痛いようだが、実際は遊戯王とは関係ない気がしないか?」

ブレイブ「心が痛い理由とか?」

良平「こいつのことで無限に議論になるとかデュエルリンクスの掲示板と変わんないじゃん」