5days会議

5ds達が日頃の出来事を話しまくるブログ

時を超えた絆達同士で天空の城へ

遊星「気が付いたら王冠をかぶっていた。」

遊戯「これは後ろ向きかな?」

十代「どっちかわかんねえな!それにしてもなつかしきメンバーだな!またこの次元を助けにくることになるとは夢にも見なかったぜ!」

遊戯「ゾーンもいた。話に入れない気がする」

遊戯「何も話してないよ。何故なら、何もすることがないんだ。(実はここは全て知っているから)」

十代「なんとなく気になる」

遊星「ロキも気になるらしい(十代が)」

十代「あっ!?誰だっけ?」

遊戯「今流行りの工作員かな?」

遊星「わざとか…」

十代「決闘場があると聞いて皆で言ってみたぜ!!」

遊戯「(本当に実体化して行ってみるとなると、また一味違う雰囲気だ。)」

遊星「(遊戯さんは表のほうなのか?)」

遊星「一見見るとそこは牢屋の様だった」

遊星「どうやって遊ぶのか使い方を知らなかった」

十代「あそびかた募集!!」

遊戯「スカイブロックゲームでもしようか」

遊星「研究しておいたほうがいいな…」

十代「デュエルじゃねえ!!」

遊星「こないだ、ハラルドが屋根を修復したところの場所だ」

遊星「振り向くと左右対称になっていた…すまない、オレのせいかもしれない」

十代「何でこうなっちまったんだ!?オートだkあhるえwいっry」

遊星「声が誰かにかきけされている」

遊戯「遊星のせいじゃないだろう。」

遊星「これは余談だが、昨日ハラルドの白ゴーヤに黒のレベルスティーラーが付いていた。またオレがいるタイミングでいるとは、レアだな。」